2016年も半分が過ぎて、
ブログ更新本年2回目・・・きゅー
最近の出来事から・・・

①本鮪のお話
写真の上のマグロ君はお腹がダラーン
下のマグロはお腹がピンっ!

この違いは、上が旋網漁、下が一本釣りあるいは延縄漁の違いです。旋網とは簡単に言えば海の中に囲いを作って、この囲いを徐々に狭めて行って最終的に狭くなった網の中の魚を船上に引き上げると言う漁法。従ってお魚クンは超パニック。網の中で多種多様な魚の中で悶えて動き回り、船上に上がってもビチビチバチバチ。旋網で獲られたマグロ君はそこで初めて止めを刺されます。上のマグロのお腹がダラーンなのは、マグロの特性である奇網と言う血管網が「興奮状態で血液温度を上げる」為、身の締りがないまま〆られるからです。下のマグロは大型のマグロだけを狙った一本釣り・延縄で獲られている為に血液上昇する前に丁寧に〆られている為お腹もピンッ!なのです。この写真のマグロは共に240㎏を超えた10歳前後の鮪です。料理する側の人間としては最高の状態でお皿に乗せてやりたいのでウチの店は基本的に旋網漁NOです。

②ポパイ創刊号
ポパイが創刊されたのは1976年6月。
私めが21歳の夏でした。にこっ
誌面一杯にウエストコースト(アメリカ西海岸の事ね♡)。
まさしく夢のカリフォルニア情報満載で隅から隅まで読みました。


創刊号にはちょっとだけしか載りませんでしたが、4~5号を超えた辺りからはサーフィン関連の記事だらけになり、トランクスはハンティントンのKatin(Kanvas by Katin)、板はBOLT(Lightning Bolt)、キャリアはアロハキャリア、TシャツはVals Surf、スニーカーはNikeじゃなきゃオシャレじゃない。みたいななかば脅迫的記事に目一杯踊らされました。でもでもいい時代だったなー。オヤジはその頃神戸にいて、元町の高架下にあったBONDって店に入り浸ってました。今考えると皆高価なものばかりでトップサイダーのフルモカシンは25000円超、レインボーサンダルも2万超だった。その当時の給料が10万そこそこだった事を考えると相当高価な買い物だった。まぁイイ時代だったって事かな?

③ボートサーフィン
東京湾で波待ち無し、パドル無し。
波は腰~胸のエンドレスウェーブ。


グーフィーのオヤジにとってはバックサイドオンリーのレギュラーの波ですが、めちゃ楽しいです。下手っぴな私でさえそこそこ乗れるし、一緒に行ったバリバリサーファーオヤジ連はバシバシ当て込んでスプレー飛ばしてました。エンジンとスクリューを改造した30fのプレジャーボートでバラストを片側に寄せて走ることで波を作るシステムです。東京湾ボートサーフィンでCheckしてみて下さい。

てな感じでございます。にかっ
| Diary | 2016,06,20, Monday 03:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
一昨日の10月31日はハローウィーンでございました。
毎年店内は奇抜な仮装をされたお客様で賑わいます。
文字通りのお祭り騒ぎ、浮かれたお客様で満杯です。
私もお祭り騒ぎ大好き、羽目を外すの大好き。
ではありますが、ことハローウィーンに関しては、
未だ乗り遅れちゃう。と言うよりちょっと引いちゃう。

ただし、眉をしかめたり、ひそめたりする気は
毛頭ありません。こじつけ・便乗・ノンポリシー
大いに結構だと思います。
騒いで楽しむのにイチイチ理由なんて要らないし、
一年一回のイベントですもんね。

しかしあくまでも“人に迷惑をかけない事”って言う
日本人の良さは忘れないで欲しいです。
昨日の夜中の渋谷の街の汚さは半端ありませんでした。
お掃除されたボランティアの方々に感謝です。

って事で明日は文化の日。
日本の文化を再発見すべく、
明日は詩吟の会に参加します。

吟じますっ!!

| Diary | 2015,11,02, Monday 05:16 PM | comments (x) | trackback (x) |
前回のアップから早4ヶ月。もう9月も半ば過ぎ、市場に松茸が溢れる季節になりました。この4ヶ月色んな事がありましたね。大雨、火山噴火、記録的連続猛暑日、山崩れ、洪水…そして昨日の安保法案。チリ地震。しくしく

実は昨日は湘南が近い場所に一泊しておりまして、河岸行きも小泉君に任せ、今朝は朝一から波乗り。と思ってた所、津波警戒情報発令。こんな日に海岸に近づく、まして海に入っちゃう愚か者にはなりたくないので、波乗りは断念。普段できない調べ物、前々から頼まれていた制作物を仕上げ、今遅めの夕飯を食べながら書き込んでいます。

よく「他人は自分の鏡」「子供は親の鏡」なんて言いますが、ホントその通りですね。30歳で商売を始めるまではその意味が解っていませんでしたが、毎日々お客様と接していると次第に解ってきました。

“自分が生き生きと楽しんで生きていないと人を喜ばせない”

60歳そこそこで生意気かもわかりませんが、ホントにそう思います。ただし世の中そう甘くは無い。「こんな状況でどうやったらたのしくなるの?」「あー、明日になるのが怖い…」「どうやったらうまく行くんだよっ!」なんて時の方が多いのが現実。でもお店でお客様と触れ合っている時はいつも幸せでした。ニコニコでした。

機関故障か?座礁か?沈没か?遭難か?なんて日々を過ごして、小さなお店ですが今は瀬戸内海周遊みたいな穏やかな日々です。有難い事だと心から思います。

今お店で頑張っている子達もいずれは同じ経験をするのでしょう。その子達に常々言ってる事は「何事も先ずは自分から」「苦しむな。世の中根性ではなく発想だ」なんて偉そうに言ってます。貼り付けた絵は自宅のトイレに飾ってある自筆の絵です。

「あなたが笑えば皆が笑う」

これは何を隠そう女房から学んだ教訓です。

ま、女房だけには未だに俺からは笑いませんがにひひ

| Diary | 2015,09,18, Friday 09:30 PM | comments (x) | trackback (x) |
丹下輝之
1955年6月3日生。双子座。AB型。趣味はサーフィンと神社参り。好きな食べ物はやっぱり「魚」。16歳から日本料理「なだ万」に入り料理の道へ。
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NEW ENTRIES
CATEGORIES