松竹映画 美味しんぼ ‘96
後にも先にもたった1回の映画の仕事。
正直、料理と料理人の描き方が??なので、
試写会で一回見ただけで、自分の仕事なのにビデオも持っていない。
ただ、三国さんが亡くなって、
佐藤さんと親子共演したのがこの1本と言う事になると何だか意味があるような…しょぼん

約2か月半、三国さんと佐藤さんに付っきりで指導監修しました。
活きてる大アンコウや大鯛を同サイズで数本用意したり、
今はなき大船撮影所で毎日のように煮豆を作り、
京都・丹波篠山・城ケ島・鎌倉他ロケにも同行しました。
鍋の持ち方・塩の振り方・包丁の持ち方も指導しましたが、
佐藤さんは素直にやってくれるものの、
三国さんは本番になると絶対にその通りにはしてくれない。
だから俺らから見ると全部オーバーアクション…きゅー
だから、
映画に出てくる包丁とアップの時の三国さんと佐藤さんの手は全部俺のものです。
三国さんの引きシーンが終わるとすぐ着てる服を脱いでもらって、
まだ体温の残る服を俺が着てアップの手元撮影。
懐かしい思い出。

謹んでご冥福をお祈り致します。しくしく

| Diary | 2013,04,16, Tuesday 07:18 PM | comments (x) | trackback (x) |
丹下輝之
1955年6月3日生。双子座。AB型。趣味はサーフィンと神社参り。好きな食べ物はやっぱり「魚」。16歳から日本料理「なだ万」に入り料理の道へ。
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
NEW ENTRIES
CATEGORIES