でGAZA SURF CLUBって映画を観て来ました。

先ず最初に言っておきたいのは、この投稿に政治的な意見とか意図はありません。ただ、どんな境遇、環境でもサーフィンにハマる人がいて嬉しいなと思うと同時に、少し悲しくなったと言いたいだけです。そして、こんなに切ないサーフィン映画を観たのも初めてです。
沖から眺めるサーフィンの景色は晴れてても曇ってても雨でも朝でも夕方でも、どこの海でも美しい。何も考えずに波を待って、来た波に乗り、また沖に戻ってボードに座って海を眺める。
地球の表面積の70%を占める海から見たらほんの端っこの「へり」で戯れてるだけだけど心底楽しい。
まだ極寒で千葉はもとより湘南でも凍える寒さだろうけど、海に入りたくなる悲しくもどこか懐かしいドキュメンタリー映画でした。
First off, I want to say that I don't mean anything political in this post. I just want to say that I am proud and a little saddened to see someone who loves surfing. The view of surfing from the offshore is beautiful no matter where you are. However, the surfing scenes in this movie were more beautiful than any surfing movie I have ever seen. they waited for the wave without thinking, rode the wave that came, and then went back to the offshore to sit on the board and look out to swell. It was still extremely cold and frigid, but I felt like going into the sea.

| Diary | 2024,02,22, Thursday 05:19 PM | comments (x) | trackback (x) |
丹下輝之
1955年6月3日生。双子座。AB型。趣味はサーフィンと神社参り。好きな食べ物はやっぱり「魚」。16歳から日本料理「なだ万」に入り料理の道へ。
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
NEW ENTRIES
CATEGORIES