旬のおすすめ|in season!

Title: おながさん
Tue 21st Jan 2020 [12:14]
Name: kaikaya bts
阿波尾鶏って銘柄の鶏がいます。
読み方は「アワオドリ」なので結構紛らわしい。「この前アワオドリ食べたよ」って言われれば「え?なになにっそれ?」って聞き返しますが、唐突に「アワオドリって知ってる?」って言われたら
「もちろん知ってるよー」
「あれ、結構良いよね」
「あ、マジで?実は俺まだ未経験なんだわ」
「あ、そうなの?まぁ一般的じゃないからねー」
「でしょう?中々経験したヤツ少ないよねー」
「今度食べてみなよ」
「ん❓❓食べる??んん❓❓❓❓」
「結構美味いよ」
「えーっ❓❓なんの事言ってんの?」
と、こんな感じで無駄な時間が生じる恐れがあります。なので、阿波尾鶏を口にする時は頭に「鶏肉の」あるいは「ニワトリの」を付ける事をオススメします。

本日のお魚は「オナガダイ」尾長鯛です。
もし翁長または小長、尾長と言う苗字の方がいらっしゃいましたらお子様あるいはお孫さんに「大」または「醍」などを付けて「ダイ」と言う命名をされますと前述のような混乱を生じますのでお気を付け下さいませ。

東京は昨日に続きポカポカ陽気。
5時を過ぎたらWELCOMEです。
本日も宜しくお願い申し上げます!

Title: ハシキンメ
Mon 20th Jan 2020 [13:29]
Name: kaikaya bts
皆様こんにちは。
今日の東京はポカポカ陽気です。
一昨日の天気に比べたら天と地、月とすっぽん、鯨と鰯、雪と墨ぐらい違いがありますねぇ。違いが分かる人を「目利き」なんて言いますが、よく人から「新鮮な魚ってどこを見れば分かるの?」とか「脂が乗ってるかどうかどこを見て判断するの?」とか聞かれますが、そんな簡単にコツを伝えられたら苦労しないっちゅう事です。
もう面倒臭いから「目」「鱗」「鰓」「鰭」「光沢」「身の弾力」とか言っちゃいますが比較対象が無ければ判断できないし、売り物の魚を指で押そうもんなら、1年中タンクトップの厳つい仲買の兄ちゃんにブッ飛ばされます。
「目利き」に一番近い意味の英語は"Connoisseur"だと思いますが、それはどちらかと言うと愛玩者=オタクに近い感じがします。よく分かりませんが、目利き="Outstanding buyer's eye"って感じかな。よく分からないので、お客さんに自分をアピールする時はいつも、"I can tell good fish"と言う事にしてます。
合ってますかね?リーサルさん。

ちゅう事で、本日はピチピチっの「ゴソ」を買ってきました。「ウマシ」の名の通り刺身が超美味い魚です。
では今日も張り切って参りましょう!
CIAO!!

Title: 本日のおススメ!
Sun 19th Jan 2020 [15:43]
Name: KAIKAYA take
皆さんこんにちは!!
タケです!!

本日、オススメするのは
「新タケノコとワカメの若竹煮」です!!
また寒さが戻り、昨日は雪が降りましたね!!
早く春が来て欲しいものです!!
さて、寒さが続きますが、今宵は
開花屋に来て、若竹煮を食べて一足先に春を感じ見ては
いかがでしょうか?
では、本日も皆様のご来店お待ちしております!!
いらっしゃいませーー!!

Title: 寒い中こんにちは!
Sat 18th Jan 2020 [15:50]
Name: Kaikaya kensuke
皆さんこんにちは!

近頃は、暖冬・暖冬など騒いでいましたが、
今日はなんて日でしょうか。
朝から雪もチラホラ舞ったり
雨だったりとにかく寒い・寒い・・・。

しかし、そんな事を言っても始まらない。
時は動いています。
当然。当店もバリバリ営業中!!!

寒い中買い出しに行ってくれた
スタッフに感謝。
魚の下処理、水洗いをしてくれた
スタッフに感謝。
そして、これからご来店していただける
皆様に感謝・感謝。

そんな感謝満載の"開花屋"で皆様のご来店をお待ちしております。

いらっしゃいませ〜〜。

Title: sakura桜さくらサクラ
Fri 17th Jan 2020 [14:11]
Name: kaikaya bts
佐倉は千葉県。
馬肉もサクラ。
偽客もサクラ。
さくらは寅の妹。
花は桜。

江戸時代に歌舞伎の見せ場で花形が登場すると「〇〇屋!」なんて威勢の良い言葉で盛り上げた人達が「初代サクラ」らしいですね。木戸銭も払わずに、掛け声が上手いとお金まで貰ってたらしいっす。
昔は縁日の夜店にも「サクラ」役がいて、「ここのクジは良く当たる」だとか、「俺も買った。買わなきゃ損する」とか言って客を煽ってましたね。
今日の写真は節分前から4月末までコースのデザートの1品でお付けする「自家製桜餅」です。塩漬けの桜葉で香り付けし、薄紅に染めた「道明寺糒」で白餡を包んで蒸した自家製和菓子と当店オリジナルの桜ジェラートです。

「春よ来い‼」なんて言われてホイホイ來るほど春はお人好しでは無いかも知れないので、ここはひとつ遜って、「春さん、お願いですから来て頂けないでしょうか?皆で心待ちにしておりますので是非とも…」
と言う事で、宜しくお願い致します。
CIAO!!