旬のおすすめ|in season!

Title: 優美じゃ~
Wed 07th Jun 2017 [16:37]
Name: KAIKAYA KANE
こんにちは
いよいよ梅雨入りですね
そんな今日
ご紹介いたしますお魚ちゃんは
水引のごとく優美で
気品のある姿と
名前の由来となった
糸を拠ったように長~く伸びた
尾びれが特徴の
糸縒鯛です!
鯛に劣らぬあっさりとした白身で
関西では真鯛のかわりに
祝いの膳に使われるほどなんです~
本日はグリル焼きにて登場です!!
ぜひぜひ如何でしょうか!!

それでは本日も皆様のご来店を
ぜしぜしお待ちしております!!
感謝 感謝

Title: For Grilled Fish!!
Tue 06th Jun 2017 [16:48]
Name: KAIKAYA MASA
こんにちは!

本日のおすすめは写真の連子鯛でございます。
皮目が特に美味しく身はほんのりと甘く上品で味わい深いお魚です。
使い方は様々なんですが開花屋ではグリル焼きにしてお出し致します。
塩焼きしてからレモンをギュギュっと!そしてガーリックオイルをジュワっと!
開花屋人気の一品をご堪能下さい!お楽しみに!

今宵も皆様のご来店を心よりお待ちしております!

Title: らりらりらん♪
Mon 05th Jun 2017 [13:06]
Name: KAIKAYA bts
おーい!
今日のグリルは「うっかり、けんけんな」
はいよー!!

と言う事で本日の「雑魚のグリル」はうっかり・けんけんです。なんて言って、「あ、じゃそのグリル1つお願い」なんて知ったかぶりしてはいけません。知ったかぶりは怪我のもと。シッタカはベイ独楽みたいな貝のこと、牛のかぶりは少々お高め。

うっかり=ウッカリカサゴ
けんけん=石鯛の若魚

という意味でございます。
けんけんは市場読みでイシダイの地方名ケンスケのちびっ子なのでケンケン。人によってはシマコ・コシマなんて言い方もしますが、イシダイの呼び名は図鑑を見ると20~30通りあって、混乱する為シンプルに縞の消えた成魚も縞のある若魚・幼魚も「イシダイ」で共通されてます。

一方の「ウッカリカサゴ」は日本の魚類学者・水産関係者の間では一昔前までホンカサゴと同じ種類とされていたのが、恥ずかしい事にドイツの学者に異種である事を指摘され、調べなおしたら全くの別種で、赤面した日本の学者が自戒の念を込めて「ウッカリカサゴ」と命名したと言う逸話があります。
なので、「ウッカリカサゴ」はその名で図鑑にも載るこの魚の正式名です。

今日は身の一部を炭化させ、熱々のガーリックオイルを浴びせられ、おまけにレモン汁を振り掛けられて皆様のテーブルに登場します。

拍手をもってお出迎え下さい。

それでは待ってます。
SK8erがダウンヒルする
坂の街 円山で。

Title: いらっしゃいませ!!!
Sun 04th Jun 2017 [16:31]
Name: KAIKAYA KANE
こんにちは~
さわやかな今日
皆様如何お過ごしでしょうか!
お出かけ日和ですね~

さて、そんな今日
ご紹介いたしますのは
華やかな姿と味の魅力で
本日のお刺身盛りを
彩ってくれる
ボタン海老です~
体色が牡丹の花の様に赤いことに由来します

それでは本日も皆様のご来店を
お待ちしておりますっ
6時オープンです!!
いらっしゃいませー

Title: 赤い魚
Sat 03rd Jun 2017 [14:09]
Name: KAIKAYA bts
皆様こんにちは。
晴天に恵まれた「虫歯予防デー」イブの本日、如何お過ごしですか?
夏を感じさせる日差しと春の名残の少々冷えたそよ風、加計問題で揺れる国会、豊洲問題が正念場の都議会、そんな世の中にあって毎日々お魚と格闘する開花屋スタッフ。
そして、市場で新鮮な赤い魚に出会うと後先考えずに全部買ってきてしまう開花屋オヤジ、それを手薬煉引いて待ち構える中卸のジジィ達。
買手に売り手、売り言葉に買い言葉、捨てる神に拾う神、トムとジェリー、凸と凹、藤原紀香に片岡愛之助、陣内智則に松村アナ。
世の中収まる所に収まるもんですね。

風が吹いたら桶屋が儲かる。
だからひょっとしたら、
赤い魚を食べると幸せになるかも?

と言う事で、待ってます。
劇的ビフォーアフターの街、
多国籍な坩堝の街、円山で。